Loading

現代では必須!EC物流はどのようになっているのか


便利な買い物スタイルのその裏で

店に行かなくてもパソコンやスマートフォンを使えば、画面上で買い物ができます。つまり、店までの距離や時間といったことを気にしなくて良いです。しかし、便利になった買い物の裏にはEC物流が深く関係しています。それでは、EC物流はどのようになっているのでしょうか。そこで、実際に買い物をするとどのような流れになるのかをチェックしてみましょう。

注文してから商品が届く時

パソコンやスマートフォンを使って商品を頼むと、その情報が相手方に伝達されます。そして、商品の種類や量という情報を基に該当の品物を探し出すのです。その後、商品を見つけたら箱に詰め込んでいきます。この時、場合によっては商品に手を加えて最適な状態にします。品物を箱に詰め込んだら、トラックに搬入して注文を行った人の家まで送るのです。ちなみに、注文者から配達する日や到着時間を指定されていたら守らなければなりません。すなわち、指定日や時間に間に合うように作業を済ませて送って届けます。箱に入った品物は、宅配企業の手によって注文した人の家に届けられて受け取りになります。

EC物流を行う会社が手掛ける

EC物流については、それを専門に行う会社が担当しています。なぜならば、従来の物流業務と重複している部分が多くてノウハウを活用できるためです。EC物流を任せる側も、ノウハウを持つ相手に頼むと様々な面で利点があります。例として、物流の部門を立ち上げる必要がないのでそれに伴う人員や資金などが不要というものです。なお、会社を選択する場合にはニーズに対応してくれるところを選びましょう。

EC物流とは、ネット通販(EC)の商品を購入者に届ける、一連の流れのことです。商品の保管、梱包、発送や問い合わせへの対応を含みます。EC以外の物流に比べ、商品の量は少なく、届け先の数が多い傾向にあります。