Loading

検索結果から除外されるリスクも!やってはいけないSEO対策


不正なSEO対策はペナルティを呼び寄せる

ホームページのアクセス数を増やしたい、そんな場合に重要となってくるのがSEO対策です。アクセスアップに役立つとされるSEO対策ですが、やり方を間違えてしまうとマイナスの作用をもたらすこともあります。検索エンジンによって、不正行為を行なっているとみなされてしまうと、ペナルティを受ける可能性があるのです。

検索エンジンによるペナルティの内容

検索エンジンからペナルティを受けると、検索結果の順位が大きく低下してしまいます。最悪の場合、検索結果から削除されてしまい、全く表示されなくなってしまうこともあるのです。アクセスアップのためにSEO対策をするなら、不正行為とみなされないよう、しっかり注意しましょう。

危険なSEO対策方法とは

ペナルティ対象となるSEO対策として、隠しリンクや隠しテキストが挙げられます。ユーザーから見えないような形で、コンテンツを掲載していると、不正行為とみなされる可能性がありますので注意が必要です。また不自然な外部リンクも、ペナルティ対象となるリスクがあります。外部リンクによるSEO効果を期待して、関連性の薄いサイトからリンクを送ったり、リンクを購入するといった行為は避けたほうが良いでしょう。

正しいSEO対策でアクセスアップを目指そう

もっとも効果的なSEO対策は、ホームページのコンテンツを充実させ、定期的に更新を続けていくことだといえます。検索エンジンは独自性のあるコンテンツや、専門性の高いホームページを高く評価するといわれているのです。ユーザーの利便性を意識し、わかりやすく利用しやすいサイト作りをすることも大切でしょう。

ホームページ作成とSEOは検索エンジンで上位にヒットさせるための大切な施策です。自身でできない場合は専門業者へ委託する方法もあります。