Loading

情報があふれる時代!プライバシーには最大限の配慮を


被害者のプライバシーについて考える

何らかの事故や事件が起きたとき、プライバシー問題がクローズアップされることが少なくありません。特に、被害者のプライバシーが守られないことが懸念されます。事件や事故の状況によっては、人に知られたくない場合もあります。しかし、当事者の意思とは関係なく、実名報道されるケースも少なくないのです。加害者(容疑者と推測される場合も)のプライバシーが守られることがあるだけに、やりきれない気持ちになります。

有名人のプライバシーについても考えよう

有名人にプライバシーがないことも大きな課題です。たとえば、スポーツの試合で結果を出した場合、その人と近しい人を取材してエピソードを披露することも少なくないでしょう。なかには「秘話」とされる内容もありますが、メディアを通じて情報発信した以上、秘話ではなくなります。エピソードが公になることで、本人(話題のスポーツ選手など)の株が上がるかもしれませんが、そっとして欲しい場合もあるのです。

情報提供するときはくれぐれも慎重に

事故や事件が発生すると、関係者に取材が及ぶこともでてきます。親兄弟を取材の対象とする場合も多く、その様子を目にするだけでも心が痛みます。顔出しの有無とは関係なく、よい気持ちがするものではありません。このような行きすぎた取材に問題があるのは、言うまでもないでしょう。しかし、取材を申し込まれたときは、断る勇気を持つことも大事ではないでしょうか。プライバシーをさらされるのは誰でも避けたいところ。情報提供をする場合も、当事者の気持ちになって慎重に行いましょう。

機密文書とは、関係者以外に漏洩すると不利益が生じる可能性がある重要文書のことを指します。一般的に上から、極秘文書、秘文書、社外秘文書を3つに分けられます。