Loading

紙媒体の社内報とWEB社内報は何が違うのか?


紙の社内報のメリット・デメリット

社内報とは、社内広報を行うためのツールですが、紙媒体の社内報とWEB社内報の2種類があります。まず紙の社内報には、誰でも簡単に見ることができるというメリットがあります。また紙の社内報は、発行間隔が長くあいてしまっても読んでもらえます。どんなに面白いサイトでも、定期的に更新しないと飽きられてしまうのと同様に、WEB社内報も更新間隔が長くなると、存在を忘れられてしまいます。しかし紙の社内報は、春号・夏号といった季刊などでも、目につけば手に取ってもらえます。そして、しっかりとした作りであれば、取引先や採用予定の学生に配ることもできるので、会社の雰囲気を紹介できるというメリットもあります。しかし同時に、印刷費などの経費がかかるというデメリットも存在します。

WEB社内報のメリット・デメリット

WEB社内報の最大のメリットは、すぐに更新ができる点です。そのため様々な情報を、リアルタイムで発信することが可能です。また、内容量の制限がないので、動画など多彩な表現ができます。さらに、紙の社内報に比べて、情報一点あたりの費用が安いというメリットもあります。しかし、デメリットも存在します。最大のデメリットは、閲覧率が低いことです。紙の社内報は、目につくところにあれば手に取ってもらえますが、WEB社内報はWEB上にしかないため、目にする人は多くありません。そして更新には、専門的な知識を持った専属スタッフやある程度の予算が必要となるので、多額の費用がかかることもあります。紙の社内報とWEB社内報のどちらにもメリット・デメリットがあるので、正しく理解して採用することが重要です。

社内報を活用する事によって、会社内の全社員に簡単に通達などを伝達させられるので人数の多い会社ほど効果があります。