Loading

自営業者と確定申告の切っても切れない関係!


自営業者には税金の知識が必須要件です

サラリーマンをやっていますと、所得税関連はすべて会社任せでした。これは本人の責任ではなく法律により企業がお給料を支払うときに所得税を徴収することが決められているからです。これを源泉徴収と言いますが、理由はどうであれサラリーマンは所得税について無関心であってもなんの問題も生じませんでした。

しかし、自営業者になりますとそうないかなくなります。自営業者には所得税を自分で計算して納税する義務があります。これを確定申告と言いますが、もし計算を間違えて税額を間違えてしまいますと余計に支払う羽目になってしまいます。それほど確定申告は厳しいのですが、間違えないためには自分で勉強するしか方法はありません。確定申告は自己責任です。

確定申告を間違えないようにするために

確定申告を間違えないようにする最も簡単な方法は税理士さんに依頼することです。しかし、この方法の難点は費用が高額なことです。最近になり税理士さんに支払うお金は減額傾向がありますが、それでも顧問料となりますと年間20~30万万円くらいは支払う必要があります。次の方法としては税金に関する団体に加入する方法があります。例えば、青色申告会という団体に加入しますと職員の方がわかりやすく説明してくれます。ただし、こちらも年間1~2万円くらいの費用がかかります。

お金を全く使いたくない人にはネットを利用する方法があります。今の時代はとても便利で、ネットを活用しますといろいろな知識や情報を得ることができます。それらを上手に活用することでも十分に税金の勉強ができます。実は、国税庁のHPには確定申告を作成するシステムまでありますので、それを利用するのもよい方法です。

フランチャイズとは事業形態の一つです。商品や営業のノウハウを契約料を払う事で本部企業から提供してもらい営業していく形式です。