Loading

会社で営業の手が足りない場合はアウトソーシング


少数精鋭で頑張っていく

小さな会社で、ほそぼそと仕事をしているようなところであれば、少数精鋭で仕事をコツコツとこなしているでしょう。しかし、仕事というものはいつ大きな仕事が入ってくるかわかりませんし、その反対に今まで大きな仕事があったのに急になくなってしまうこともあるでしょう。少ない人数で会社をまわしている時に、急に大きな仕事が舞い込んできたらどうすれば良いでしょう。特に営業マンが不足している場合には、新たに正社員として営業マンを急遽雇おうとしても、時間的に厳しいでしょうし、人を一人雇うということはそれだけでも大きな会社の負担になるでしょう。人件費はもちろん、教育していかないといけません。営業マンが一人加わることはとても魅力的ですが、それ以上にデメリットも考えられます。それでは、大きな仕事は諦めるのかというと、そのような必要はなく営業代行サービスを使うことで乗り切れます。

研修などをする必要がない

仕事が手一杯になったので、営業代行を利用して仕事を円滑にまわしていく場合、営業代行で仕事をしてくれる人は多くの実績を持っています。営業のスペシャリストとも言えますから、あえてこの人々に教育する必要はありません。これなら安心して作業を依頼できますし、正社員としてずっと雇うわけではなく、スポットで依頼できるので人件費が大きく膨らんでしまうこともないでしょう。働いてもらう初日からバリバリと対応してくれます。小さい企業で営業が人手不足になったらリーズナブルな料金で利用できる営業代行を使って行きましょう。

営業代行は、営業行為を不得意とする会社に代行して営業の専門会社が営業を行う行為自体、またはそれを行う会社を指します。