Loading

事業継承は推進する人がポイント!選び方が重要!


事業継承を任せられる人材を選ぶ

事業継承は事業を次世代に継承するものと考えがちですが、わざわざ事業継承をしなくても会社は残ることが多いでしょう。ただし、その場合は全く違う会社になっていることは珍しくありません。そうならないためにはしっかりした事業継承を行う必要があります。大事なのは会社のマインドを残すことです。会社の成り立ちや根底にある信念などを学ぶことで、継承すべき会社の方向性を次世代につないでいくのです。そのことを理解している人に事業継承を推進するチームのリーダーになってもらうことが大事になります。長年培ってきたそのような思いがないと、事業継承が会社の表層だけを継承する儀式になってしまうかもしれません。適任者は会社を支えてきた古参のメンバーから選ぶといいでしょう。

会社のことを愛している人が適任

事業継承を任せられる人材は、仕事面で優秀な人だとは限りません。しかし、愛社精神を持っていることと、会社の信念を理解していることは欠かせない要素です。どんなに優秀な社員であっても事業継承をするときには関係ないのです。次世代に会社の意義を伝えられるのは、その会社の意義を信じて奉仕してきた人だけでしょう。幸せな社会に貢献したいなどの会社の意義は、利益に背反する可能性もあります。その時に意義を優先できる人の方が、事業継承を担う人材として適任です。意義を伝えられない人では、会社の本質を伝えることができないからです。意義を伝えられる人に事業継承を任せることがポイントになります。

事業承継とは経営者が世代交代などの理由で、自分の事業を誰か別の人に譲渡、もしくは売却することをいいます。