Loading

どんな方法で起業できる?起業の始め方3選


個人事業主として始める

手続きが難しくない起業方法は個人事業主として始めることです。個人事業主は「個人事業の開業届書」を税務署に提出することが必要なだけです。提出に費用は必要なく、期間も開業から1ヵ月以内であれば受理されるため、空いた時間を使って書類を作成することが可能でしょう。

青色申告を行うことを決めている場合には、その書類も作成してから、開業届と合わせて提出すると二度手間にならずに済みます。従業員を雇いながら、仕事を進めていく場合には、その書類の提出も忘れないようにしましょう。

会社設立を目指している場合は手続きが多い

会社設立には必要な書類が多いです。最初に行うべきことは定款の作成でしょう。このときに将来的に行いたいビジネスも定款に記載しておくことが重要です。定款の作成が終われば、公証人役場で認証を受けることになります。次は設立登記です。設立登記を行うために法務局を訪れる必要があります。他にも法人設立届出書を税務署に提出する作業も求められます。

これらの書類提出が終わった後は、保険の加入です。健康保険や厚生年金保険、労働保険といったものに加入することが必要になります。

M&Aで起業するケースは新規で人材を取る必要がない

M&Aでの起業とは、会社を買収することによって起業を始める手段を言います。この方法では法務局への登記申請を行うことが必要です。後継者がいないことで廃業を考えている会社を買収することで、起業を実現できるのが良いポイントと言えます。既にビジネスが始められている状態で引き継ぐことになるため、既存の人材を使えるというメリットもあります。既に技術を持っている人がいるため、失敗しにくいのが特徴です。

自分でお店をいちから開業するとなると大変な労力が必要になりますが、フランチャイズを利用すれば出店方法などを指導してもらえるので自分一人でするよりは簡単です。